坂道の話題

西野七瀬「どいやさん」の名前の由来!舘ひろしと菅田将暉版の画像と声の担当は?

今回の3分で読める”明日話せる話題”は、乃木坂46を卒業された西野七瀬さんに関するニュースです。

西野さんは、1994年5月25日生まれの大阪府出身です。

乃木坂46の元メンバーで、2018年11月14日発売の22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」でグループ最多となる7度目のセンターを務めました。

2018年いっぱいで乃木坂46を卒業。2019年2月24日に卒業コンサートを開催し、乃木坂46としての全活動が終了しました。

2019年1月15日放送の『グータンヌーボ2』でMCを務め、2019年4月スタートの日本テレビドラマ『あなたの番です』に出演。

女優としての注目度も急上昇しています。

そんな西野さんは、”どいやさん”というキャラクターを考案しています。

そこでこの記事では、どいやさんの誕生秘話やグッズ販売、声を担当している人物について共有させて頂きます。

名前の由来

どいやさんは西野七瀬さんが高校1年生のときの、友達の教科書への落書きがきっかけで誕生しました。

また、どいやさんは”神様”であると西野七瀬さん本人が語っています。

何を司る神様かは決まっていなかったそうですが、乃木坂46のメンバーが「耳かきの梵天」が良いと提案。

それで絹ごし豆腐が好きで足が速い、耳かきの梵天を司る神様になりました。

どいやさんという名前は、西野さんが考えたわけではなく友達が命名してくれたようです。

https://twitter.com/nanapyon0777/status/1047464161540628480

どいやさんグッズは?

どいやさんのグッズに関しては、ファンが作成してる非公認のグッズも多数あります。

残念なことに公式グッズは全て売り切れで、販売が終了しています。

どれもレベルが高く素晴らしいものばかりなので、特にこだわりがなければ非公認グッズを購入してみるのも良いと思います。

西野さんの卒業コンサート時に発売された公式グッズは以下の通りです。

販売開始後すぐに完売するほど人気だったようです。

西野さんの人気も絶大ですが、どいやさんの人気も侮れません。

舘ひろしと菅田将暉バージョンとは?

2019年7月14日に放送された『行列のできる法律相談所』に西野七瀬さんが登場。

そこで、ゲストの舘ひろしさんと菅田将暉さんバージョンのどいやさんが披露されました。

当初スタジオでは気持ち悪がられていましたが、西野さんがゲスト2人のどいやさんを見せた際は、1つのアートだと認められていました。

特に舘ひろしさん版のどいやさんは「渋くてカッコいい」と話題になりました。

どいやさんの声の担当

今まではイラストのみでの登場だったどいやさんですが、西野七瀬さん卒業コンサートの時にが解禁されました。

まさかどいやさんが喋るとは思わなかったので、ファンの間でも衝撃の展開でした。

https://twitter.com/uXvXuQ4xUE044be/status/1119934903833874433

さらに声を担当しているのが、マスオさんやジャムおじさんでお馴染みの増岡弘さんでした。

乃木坂メンバーも「マスオさんの人」とコメントしていたので、確定のようです。

声が出るだけで衝撃ですが、大物キャストにさらに驚きの展開でしたね。

西野さんは、「今後機会があれば新しいキャラも描きたい」とコメントしていました。

どいやさんを超えるキャラクターが出来るかもしれないと思うと楽しみです。

まとめ

今回は西野七瀬さんのどいやさんについて共有させて頂きました。

乃木坂46卒業後も、モデルや女優として活躍している西野さんからは想像もできないキャラクターですよね。

今後西野さん個人としてグッズを販売して欲しいですね。

新しいキャラクターの開発と西野七瀬さんのこれからの活躍を願っています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です