坂道の話題

【動画】平手友梨奈が最新映画を撮影中!目撃情報や『さんかく窓の外側は夜』出演内容は?

今回は、欅坂46を脱退した平手友梨奈さんに関するニュースです。

平手友梨奈さんは、「てち」の愛称で欅坂46のセンターとして活躍し、2020年1月23日にグループからの脱退を発表しました。

アイドルグループ欅坂46の絶対的センター平手友梨奈(18)さんが、1月23日欅坂46の公式サイトでグループの脱退を発表した。

またメンバーの織田奈那(21)さん、鈴本美愉(22)さんの欅坂46卒業も発表された。平手さんだけが「卒業」ではなく「脱退」という言葉を使ったのは本人の希望だという。

23日夜放送されたラジオ番組で平手友梨奈さんは…

平手友梨奈:(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」より)
こんばんは、平手友梨奈です。先ほど欅坂46のホームページで発表がありましたが、わたくし平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。その件については今は話したいと思わないので、いつか自分が話したいと思った時に、どこか機会があればお話させていただこうかなと思っております。

と語り、脱退理由についてはコメントしなかった。

引用|FNN PRIME

今後はソロとしての活動が期待されていますが、2月に映画の撮影が目撃されました。

そこでこの記事では、平手友梨奈さんの映画出演について共有させて頂きます。

【欅坂46】平手友梨奈の今後やソロ活動は?

平手友梨奈さんは、レギュラー出演中のラジオ番組内のコーナーを3月で降板すると発表され、今後の活動に関しても明確に発表されているわけではありません。

しかし、「年内のソロデビューを目指している」という情報もあるようです。

今後の活動に注目が集まっていますが、脱退後はなぜかネガティブな報道が数多くされています。

今後についてはまだ発表されていないものの、ファンからはソロアーティストとしての活躍が期待されている。しかし、レギュラー出演していたラジオ『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)内のコーナーから3月いっぱいで降板することも発表されたり、ほかにもネガティブな報道が多いようで――。

「脱退発表直後から、平手があるCMの撮影現場で直前に『世界観が違う』と言い帰ってしまったことや、ほかのメンバーと軋轢があったこと、けやき坂46(現・日向坂46)を交えた選抜メンバー構成を阻止した、など報じられており、脱退が円満ではなかったことは明らか。女優転身の噂もありますが、18年公開の映画『響-HIBIKI-』では主演を務めているものの、それも欅坂の肩書があってこそ。アーティストとしては“失神パフォーマンス”というネガティブな印象も強く、演技力も飛びぬけて上手い訳ではないこともあり、今後の芸能活動の雲行きは怪しいといっても過言ではないでしょう。ただ、脱退後に平手のネガティブ報道がされ続けていることは、何か裏がありそうですが…」

グループでは特別扱いが許され続けてきた平手。ファンから多く望まれているソロ歌手に転身したとして、果たして一人で成功することはできるのだろうか。

引用|livedoor NEWS

【動画】映画撮影の最新目撃情報

ソロとしての活動に注目が集まる中、2020年1月頃から平手友梨奈さんの目撃情報がTwitterに多数投稿されました。

今近くで平手友梨奈のなんかの撮影やってたんだけど生のてちバカ細いし、顔小さい…。えぐ可愛かったあ

ドラマの撮影やってて多分制服着てた平手さんいたんだが。平手さんってドラマ出たりする?

てち映画の撮影だったんだ!

平手さん映画出演するんですね!平手さんが岡田将生さん、志尊淳さんと一緒に記念撮影されてる。

家の近くで平手友梨奈が撮影してる…!!

顔小さくて可愛い…

こちらの目撃情報から、岡田将生さんと志尊淳さんが出演していると思われるので、撮影していたのは『さんかく窓の外側は夜』という映画の可能性が高いです。

さらにこちらの映画は、関東近郊(東京・横浜中心)、福島県いわき市、栃木県足利市でエキストラのボランティアを募集していました。

【さんかく窓の外側は夜】出演内容は?

映画『さんかく窓の外側は夜』は、岡田将生さんと志尊淳さんのW主演で、公開日は2020年年内になります。

本作は、2013年に月刊MAGAZINE BE×BOY(リブレ)にて連載を開始し現在も連載中で、コミックスは100万部を超える”ヤマシタトモコさん”によるミステリーホラー作品の実写化です。

物語は、霊を祓うことができる冷川理人(ひやかわ・りひと)と、霊を視ることができる三角康介(みかど・こうすけ)のバディによる除霊ミステリーとなっています。

書店で働く三角康介は、一見普通の青年だが、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩まされていた。

ある日、書店に除霊師・冷川理人がやってくる。「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることになる。

そんな中、ふたりは刑事・半澤より一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられる。

調査をはじめたふたりは、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていたのだ。

真相を探るふたりに度々聴こえてくる死んだ殺人犯の声。そしてふたりはある言葉にたどりつく―――。

「ヒウラエリカに….だまされた….」 。

それはふたりがこれまでの除霊作業で度々耳にしてきた名前だった。彼女は何者なのか?彼女の目的は?ふたりはこの事件を解明できるのか…?

平手友梨奈さんの配役はまだ発表されていませんが、この「ヒウラエリカ」や他の重要な配役である可能性は高くなっています。

※2020年3月4日に出演確定情報が発表されました。

平手友梨奈が、岡田将生と志尊淳のダブル主演映画「さんかく窓の外側は夜」でヒロインを演じることがわかった。1月にアイドルグループ「欅坂46」を脱退し、個人の活動としては初めてとなる。「響 HIBIKI」から約2年ぶり、2度目となる映画出演となる本作で、平手は呪いを操る女子高生・ヒウラエリカを体現。あわせて、公開日は10月30日に決定した。

平手扮するヒウラエリカは、一見普通の女子高生だが、実は強力な“呪いの力”を持ち、心に闇を抱えているミステリアスな役どころ。平手は「初めて原作を読ませて頂いたとき、すごくおもしろくて続きが気になってあっという間に読んでいました」と印象を語る。「そんな中で、ヒウラエリカ役のオファーを頂いたとき、最初は本当に自分で大丈夫なのか、という不安が大きかったです。でも、ヒウラエリカが抱える”想い”と、純粋にこの素敵な作品を届けたいと思いました。自分にとっても新しい挑戦ですし、監督と初めてお会いした時に、監督も新しい挑戦とおっしゃっていたことも、私の背中を押してくれたような気がします」と心情を吐露した。

引用|映画.com

まとめ

今回は、平手友梨奈さんについて共有させて頂きました。

映画出演の可能性は高いですが、まだ確実とは言えない情報になりますので、情報の取捨選択は自己責任でお願い致します。

『さんかく窓の外側は夜』は“除霊”という題材ながらも、バディの会話が面白い作品でもあるので、個人的には凄く楽しみにしています。

また、平手友梨奈さんのこれからの更なる活躍を願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です