一般の話題

【アンリターニー】かじがスーの武器イラストをパクリ炎上!経緯やなるにぃとの関係は?

今回は、王道ダンジョン探索型アクションRPG『UNRETURNY(アンリターニー)』に関する内容です。

『UNRETURNY(アンリターニー)』とは、「かじ@」さんが1人で開発する「トレハン、ハクスラ、ローグライク、ソウルライク、レベリング、ダンジョン。上記のワードにピンときた方、ARPGを愛する民に向けたごりごりのゲーム性重視のゲーム」になります。

クラウドファンディングで資金を調達しており、目標金額を大幅に超える支援が集まりました。

しかし、かじさんはYouTubeでゲーム実況を配信している「なるにぃ」さんが開催する、「みんなでソウルライク作ろう企画」でのパクリ騒動が物議を醸しています。

そこでこの記事では、一連の騒動の経緯について共有させて頂きます。

【UNRETURNY(アンリターニー)】ゲーム内容とは?

『UNRETURNY(アンリターニー)』とは、かじさんが開発している”王道ダンジョン探索型アクションRPG”になります。

以下、「アンリターニー制作プロジェクト」に記載されている情報の引用になります。

アンリターニーとは

一言で言えば、トレハンとレベリング要素のあるアクションローグライクです。

入るたびにランダムで構造が変化するダンジョンは、攻略法の確立を困難にします。

また、武器と防具の種類は200以上あり、それぞれに上位互換はありません。それぞれに一長一短を持たせる事で、キャラクタービルドの幅を持たせています。

ビルドによって戦法が大きく変わる為、自分にあった戦法を模索するのも良いでしょう。

開発者について

25才、業界未経験。無資格、中卒フリーター。人生で、何にも本気になれなかった自分が唯一本気になれたのがゲーム開発でした。

クオリティにこだわり続けてこれたのは純粋にゲームが好きだからです。この作品では、僕の中のベストを尽くしたいと思っています。

ユーザーには至高の娯楽を、個人クリエーターには希望を与えられるような実例を作れたら幸いです。

「アンリターニー制作プロジェクト」は、50万円を目標にクラウドファンディングとして2020年1月8日に募集を開始し、136人の支援により2,025,580円の資金を集め、2月28日に募集を終了しています。

【経緯】”小アメンの笛”のパクリで炎上?

今回の騒動の登場人物は、以下の3名になります。

騒動の簡単な経緯は、

  1. かじさんがアンリターニーを開発
  2. なるにぃさんが協力し、「みんなで作ろうソウルライク」を開始
  3. その中のコメント案にあった「楽器をモチーフした武器」をかじさんが作成
  4. それがスーさんが過去にデザインした「小アメンの笛」に酷似
  5. 視聴者などからの指摘があり、なるにぃさんは本人に謝罪
  6. しかし、かじさんは「あなたのデザインをパクった張本人です」とコメントし使用の許可を求める
  7. スーさんは拒否
  8. その後、かじさんがリプ欄などで様々な人たちとやり取りし、その内容がプチ炎上

となります。

以下、スーさんの一連のツイートです。

2020/05/27夜、なるにぃ氏(@eso9876)による発端のツイート(削除済み)がされる。内容は5/28夜からなるにぃ氏が関わるゲーム企画の生放送をする旨の告知。このとき添付された画像が、僕ではない人物の目から見ても、僕の描いた「小アメンの笛」に似ているとされた。

僕の目から見てもそうだったので、ひとまず小アメンの笛のpixivのURLのみを発端のツイートにリプライ。その後、翌05/28昼頃までは自分の都合でツイッタ見れず。05/27深夜時点で同じく企画に関わるかじ氏(@YuyaKaji)からpixivのほうで連絡があり、事後承諾を請われるも自分は拒否。

またツイッタのほうでも05/28昼頃までにかじ氏・なるにぃ氏両名からリプライがあり、なるにぃ氏は「事実関係の問い合わせをして」いるとの内容。かじ氏は「あなたのデザインをパクった張本人です」(原文ママ)との内容。関係者からの発言としてパクリ確定と認識。

なるにぃ氏は既に発端のツイートを削除後だったので、経過が分かるように何らかの形で残すこと、なるにぃ氏から僕へのリプライに繋がっているツイート群は削除しないことを要求。ひとまず謝罪される。

かじ氏からのリプライはおおよそpixivのほうで来た連絡と同内容だったので、見える場所でも拒否しておくべきと考え、改めて拒否。

その後なるにぃ氏は05/28夜の予定時刻から生放送を開始。未視聴なので内容は知らない。発端のツイートにあった画像についての内容は削除するとのことではあったが。

なるにぃ氏はその後今に至るまで、リプライにおける謝罪以外で目につきやすい場所での今回の件の周知はなく、youtubeのコミュニティ欄では「とある方の描いたイラストに似ているという指摘を受けました。」との表記。

【謝罪】かじさんやなるにぃさんとのやり取り

今回の騒動に関して、かじさんとなるにぃさんは本人にコメントしています。

かじさんはゲーム内での使用許可を申請。

なるにぃさんは正式に謝罪と対応をしています。

まとめ

今回は、アンリターニーのパクリ騒動について共有させて頂きました。

焦点となった「小アメンの笛」も、”ブラッドボーン”というゲームに登場するアメンドーズを参考にして作られています。

ここも難しい所ですが、スーさんはパロディとして個人で楽しむだけに留めているので、特に問題はないと思われます。

しかし、それと同じものを商業用のゲームに登場させるのは問題になってしまうと思うので、3名の中で無事に解決することを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です