一般の話題

【台風】窓ガラスに養生テープが誤解でダメな理由!強度が弱まり割れやすいデメリット?

今回は、台風19号の接近に伴う「暴風雨から窓ガラス守る対策」に関するニュースです。

2019年10月に、台風19号である「ハギビス」が日本列島に上陸しました。

大型で非常に強い台風19号は11日、日本の南海上で北上を続けた。勢力を維持したまま、12日夕方から夜遅くにかけて東日本に接近、上陸する見通し。東日本だけでなく、列島の広範囲が暴風雨となる恐れがある。高潮の恐れもあり、気象庁は厳重な警戒を求めた。

 気象庁によると、12日は東日本を中心に猛烈な風が吹く。東海と関東甲信では「住家で倒壊するものがある」「屋外での行動は極めて危険」とされる瞬間風速60メートルの風が予想され、東日本を中心に記録的な大雨となる恐れがある。

 台風は東日本に接近、上陸した後、東北に進み13日午後には北海道の東海上に抜ける。

引用|産経新聞

そんな中、ネット上では「養生テープ」について様々な議論がなされました。

そこでこの記事では、養生テープによる窓ガラス対策について共有させて頂きます。

台風19号「ハギビス」の概要,規模,勢力,進路

【台風19号 ハギビス】

存在地域   硫黄島の南南西約350km

大きさ階級  大型

強さ階級   猛烈な

移動     北 10 km/h

中心気圧   915 hPa

最大風速   55 m/s (中心付近)

最大瞬間風速 75 m/s

【11日から12日にかけての最大風速(予想)】
▽東海で45メートル
▽関東甲信で40メートル
▽近畿で30メートル
▽東北で28メートル
▽北陸と四国、小笠原諸島で25メートル
▽中国地方で23メートル
▽九州北部で22メートル
▽北海道と九州南部で20メートル

【最大瞬間風速(予想)】
▽東海と関東甲信で60メートル
▽近畿で45メートル
▽東北で40メートル
▽北陸、四国、中国地方、九州北部、小笠原諸島で35メートル
▽北海道と九州南部で30メートル

【12日朝までの24時間に降水量(予想)】
▽東海と近畿、伊豆諸島で200ミリ
▽関東甲信で150ミリ

【12日の朝から13日朝までの降水量(予想)】
▽東海で600ミリから800ミリ
▽関東甲信で400ミリから600ミリ
▽北陸と伊豆諸島で300ミリから500ミリ
▽東北と近畿で300ミリから400ミリ
▽中国と四国で200ミリから300ミリ

養生テープの使用目的とは?

養生テープとは

養生テープとは、養生シートやフィルムを仮固定してきれいに剥がせる粘着テープです。

  • 手で切れ、作業性に優れる
  • 作業が終了した時にテープをきれいに剥がせる
  • 目立つカラーを使用していますので、剥がし忘れを防ぐ
  • 新築住宅、リフォームなどの内装施工時の養生シート仮固定用
  • 引越しなどの養生シート、あたり防止材の仮固定用
  • 外装材施工時のPEフィルムの仮固定用

台風時の使用目的

養生テープは、台風による暴風雨で家屋への被害が予想される場合、雨戸がない窓ガラスの「飛散防止」として使用されます。

台風で家屋に待機する場合、危険とされるのは「強風で飛ばされた物が窓にぶつかり、割れたガラスが飛散すること」であると言われています。

雨戸やシャッターがない窓には本来、「専用のガラス飛散防止フィルム」を貼るのが有効だが、すぐには調達できない場合もあります。

養生テープは、そのガラス飛散防止フィルムの手軽な”代用品”として注目されています。

ガムテープ等でも代用品となりますが、養生テープが推奨されているのは、ガムテープなど他の粘着テープに比べて跡を残さず剥がせる点にあります。

貼り方としては、「米」の字になるよう縦・横・斜めに貼ることが推奨されています。

雨戸がある場合は雨戸を閉める。

ベランダの物干し竿も落下し窓ガラスを割る恐れがあるため、降ろしておく。(ハンガー等も同様です)

養生テープで強度対策はダメな理由

養生テープに対する誤解

「台風19号」ではTwitter上で「養生テープ」がトレンド入りし、非常に有益で素晴らしい情報が拡散されました。

しかし一方で、養生テープの貼り方や用途に対する誤解から、「養生テープは窓ガラスの強度を上げて割れにくくする」という認識も少なからず広がってしまいました。

誤解されるのが怖くなったので、工場で実際にガラス割ってきました! 米テープを貼ると割れないわけではありません。割れた後、振動や風で飛びにくくなるんです。二次災害の予防に効果があると認識していただければと思います。

引用|岩井 達也 ガラス屋の5代目@iwai_5daime

強度対策としてはダメな理由

養生テープでの強度対策に対して、「けんゆー駆け出し百姓@kenyu0501_」さんがTwitter上で素晴らしい情報を提供されています。

台風対策で,窓ガラスにテープを貼るのはどうなの?ということをマンガにしました. 引用RTの方の情報が参考になります. モノが飛んでくる可能性の低い場所では,安易にテープを貼らない方が良いかもしれません.

引用|けんゆー駆け出し百姓@kenyu0501_

さらに「アメリカFEMA」の公式見解および常識として、結局割れた際には風が強すぎて全部吹き飛び、破片が大きくなってさらに危険なので「テーピングは時間と労力の無駄」だと言い切っているそうです。

しかし二次被害防止としてはしっかりと効果もあるようなので、ご自身の環境(立地,階層,住居のタイプ)に応じて、個人の判断で十分な対策を行なってください。

まとめ

今回は、養生テープについて共有させて頂きました。

台風のような自然災害は本当にどうしようもない場合がありますが、準備できる部分は全て対策することは必須です。

何よりも大切なのはご自身の命の安全になります。

備えすぎたことを後で笑えるくらいが幸せだと思っています。

皆さんの台風による被害が最小限になることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です