一般の話題

高知県小学生水難事故の内容時系列や関係者まとめ!父親の署名や加害者の真実は?

今回は、事件の再捜査が急がれる「高知県小学生水難事故」について共有させて頂きます。

2019年8月に起きた高知県の水難事故で、7歳の岡林優空さんが水死体となって発見されました。

その後、ネットの掲示板に加害者の関係者と思われる人物が「(加害者を)探すな」という趣旨の文章を投稿。

いじめ事件の可能性が高まったとして、再捜査を要望する声が続出しています。

しかしネット上では、誹謗中傷や憶測も激しくなってしまいました。

そこでこの記事では、現在報道されている事実を共有させて頂きます。

その情報を見て、判断してください。

まずは岡林優空さんのご冥福をお祈り致します。

高知県小学生水難事故の事件内容と時系列

2019年8月22日、高知県南国市在住の父親が「息子が帰ってこない」と通報。

高知県警は岡林優空さんが「川で遊んでいて溺れた可能性がある」として捜索を開始。

同日13時頃から友人と計5人で川で遊んでおり、行方を捜索したところ川岸で優空さんのものとみられるサンダルと本を発見します。

一緒に居たとされる友人も「ラッコ泳ぎをしていたら、沈んでいった」と報告。

そして翌日、川で岡林優空くんの水死体を発見します。

以上の結果から、高知県警が「事故」として結論付けて処理されました。

父親のツイッター情報

収束したかに思えた事故ですが、父親である岡林宏樹さんのツイートで一転します。

2019年8月22日水難事故の父親です。 僕達の家族の日常はこの日止まってしまいましたが、真相究明。優空にとって最善とは思いませんが、僕達が進む為には避けては通れない事だと思います。 もう走る事も、泣く事も、笑う事も僕達は優空と出来ませんが皆の応援に支えられながら前に進める日が来ると信じています。

以下、岡林宏樹さんが投稿された情報になります。

この場を借りて少し言わせて下さい。22日午後1時〜3人で川遊びしていた。そこに優空と1名合流。計5人。1度目の取調べでは、1人だけ服のまま川に入り口まで水に浸かりながら「助けて助けて」と叫びながら流された。こちらを見ながら約20m程下流に。続きます

それを全員が沈むのを確認してから、怖くなり現場から立ち去った。その時に優空の自転車も一緒に乗って帰った。確認の為に1度現場に戻った。 これが初日、2日目に聞いた話です。僕が。

そして告別式が終わり2回目をもう一度聞きたいと僕が言いました。 そしたら全員が川に入り膝まで浸かって遊んでいた。そして3人が1回目と同じ溺れ方、内1人が仰向けになりラッコ泳ぎをしているよう。との事でした。 そして沈むのを待って全員で靴、本をどうする?

との相談をしている。。と。そのまま自転車に乗り優空のも乗って帰り、再度山側にのっていきました。この時が15時20分。優空は僕が集めた目撃情報によると14時40分〜15時20分の間に溺れてます。15時30分から18時30分までの間に何度も何度も現場に行ってます。

何度も現場に帰る、この事に疑問を感じませんか?助けるなら最初から助けますよね?この間には現場付近で当の4人以外の子供も含まれています。 この数時間の間の目撃情報は多数あります。僕が水深、潮目を気にしていたのを覚えてますか?何日も通って、、、

シジミ採りの方3人、習い事をしている6年生の数名、車で通りかかった沢山の目撃情報。そして午前中に開け閉め作業があったとされる川の水門。水門は22日は開け閉め作業は行なっておりません。担当責任者に直に話しました。午前中の目撃情報も多数あります。 優空は22日に何故川に行ったのか?

何故1人で川に服のまま入ったのか?泳げないのに、大事に大事にしていた図鑑を手に、、、皆さん。川に入ったとされる場所は水門近くのコンクリブロックからだと、僕がは聞きました。確かに小学生が川に降りるにはそこしかありません。ですが、果たして50mほど下流に靴と本置いて行きますか?

僕のツイートした川の状態を見てください。ブロックからすぐ下流に生活排水の門扉があります。そこはかなりの水深があります。まず、本靴あった場所には行けません。後22日は山奥での雨量が多く、多数の方が水が淀んで泡だらけ、緑黒になりとても深かったみたいと目撃、記憶しております。

5ch掲示板に投稿された関係者のコメント

さらに2019年9月5日に5chと思われる掲示板に、関係者からのコメントが投稿されました。

ネット上では一緒に居た4人の親だと推測されていますが、あくまで推測になります。

再捜査への署名活動

現在岡林宏樹さんは、再捜査への署名活動を行なっています。

署名サイトはこちらからアクセスできます。

ネット署名は期限があるので、賛同される方はお早めにお願いします。

まとめ

今回は、高知県小学生水難事故について共有させて頂きました。

この事故は必ず再捜査されるべきだと思います。

しかし賛同している支援者の方々の中に、暴走気味の方々が多少いるように感じます。

イジメからの殺人という決めつけや、関係者非難と名前の特定は、ご家族にとって応援となるのかは疑問が残ります。

岡林宏樹さんが求めているのは「再捜査」であり、真実を知ることだと思います。

おかしいと思う点は確かにありますが、まずは再捜査で真実が判明することを祈りたいと思います。

事故の真相が解明されることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です