【ヒロアカ】志賀丸太が731部隊関連で炎上?内容と名前の由来や理由が凄い?

今回は、堀越耕平さんが描く『僕のヒーローアカデミア』に関するニュースです。

『僕のヒーローアカデミア』は堀越耕平さんによる漫画作品で、略称は「ヒロアカ」になります。

『週刊少年ジャンプ』にて2014年32号より連載中で、特殊能力である「個性」が広がる世界の中、「無個性」だった主人公が最高のヒーローを目指して成長していく作品となっています。

日本での熱狂的な人気だけでなく、アメリカやフランスなどでも高い人気を誇り、現地のMANGA市場を牽引する存在としても有名です。

しかし、とあるキャラクターの名前がネット上で物議を醸しています。

そこでこの記事では、「志賀丸太」について共有させて頂きます。

本記事では『僕のヒーローアカデミア』の259話のネタバレが含まれています。

未読の方は、閲覧に注意してください。

目次

【僕のヒーローアカデミア】最新259話の内容

今回炎上することとなったのは、2020年2月3日に『週刊少年ジャンプ』で掲載された259話になります。

本編の内容は、以下の通りです。

まず序盤は、ヴィラン連合の頭脳であるドクターに焦点が当たります。

今まで名前は明かされていませんでしたが、259話で「蛇腔(じゃくう)総合病院」の創設者であり理事長の「志賀丸太」だと判明しました。

さらに主人公のデクと同じで、「無個性」になります。

そして、ヒーロー陣営がドクターが小さい脳無と一緒にいる映像を入手し、ヴィラン連合の黒幕のひとりであることを確認。

ドクターを逮捕する証拠となり、ヒーロー陣営が動き出します。

それと同時進行で京都にいる「死柄木」を捕らえるため、様々なヒーロー達が集結。

この場面ではサンイーターやギャングオルカ、雄英高校の関係者など馴染みのヒーローが登場しています。

前線には子守希乃子や上鳴電気が参列し、デクたちは後方支援となっています。

そしてラストはもう一度ドクターがいる病院に切り替わり、早くもエンデヴァーがドクターに直撃。

「観念しろ悪魔の手先よ!」と炎を纏い、終わりとなりました。

【731部隊】志賀丸太の炎上内容

上記で紹介した259話で、「志賀丸太」というドクターが登場しました。

このドクターの名前が、海外で問題視されているようです。

炎上している点は、以下の通りになります。

第二次世界大戦中、日本が秘密裏に行っていた人体実験の被験者を呼ぶ際に使った隠語「マルタ(丸太)」と同じ言葉であるため。

被験者は捕虜やスパイ容疑で捕らえられた中国人やアメリカ人、ロシア人等。女性や子供も含まれていた。

亡くなった人は3000人に上ると言われている。

当時加害国だった日本人が描く漫画の中で、”人体実験を行っていた”敵キャラクター(加害者)に、日本が行った”人体実験の被害者の蔑称”を名付けたことは関連性が非常に高く、世界中で多くの人を傷付けてしまったから。

(例)アメリカの大人気漫画で、核兵器を武器に戦う敵キャラクターの名前が「Dr.ヒロシマ」だったら多くの日本人が傷ついてしまう。

引用|Twitter

ここで記載されている「秘密裏の人体実験」が、戦時中に細菌兵器の開発を行った日本軍の秘密部隊である通称「731部隊」になります。

当事者たちの肉声を記録した22時間に及ぶ音声テープ。終戦から4年後、731部隊の幹部らを裁くために旧ソ連で開かれた軍事裁判の音声記録だ。細菌兵器開発のために、生きた人間を実験の材料として使ったと証言されていた。

「秘密中の秘密というのは、細菌戦をもって攻撃をやるという研究をやったということと。それから人体実験を行ったという2つの点であります」(関東軍 梶塚軍医部長の証言)

731部隊が実験を行っていたのは、中国東北部の旧満洲にある秘密研究所。実験材料とされ、亡くなった人は3,000人に上るとも言われている。NHKが収集した国内外の数百点に及ぶ資料から、軍人だけでなく、東大や京大などから集められたエリート医学者たちも、人体実験を主導していた実態が浮かび上がった。専門知識を持った医学者が集められ、組織されたことで、実験が大規模に進められていったのだ。

引用|731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~

【志賀丸太】名前の由来や理由とは?

作者である堀越耕平さんは過去の事件について知らず、命名についても故意ではないとコメントしています。

今週発売のジャンプで登場した志賀丸太という名前について、歴史的な出来事を想起させるというご意見を多くいただいています。命名にあたり、そのような意図を込めたつもりはありませんでした。ご指摘のお声を重く受け止め、今後は名前を差し替えさせていただきます。

引用|Twitter

そこで現在推測されている「志賀丸太」の由来は、以下の通りになります。

ヒロアカ、丸太の名前が人体実験の被害者の隠語という事で怒ってる人がいるけど、どちらかというと「無個性」で、「でくの坊」だった緑谷出久の対比、同じく「無個性」で、デクが将来あり得えたかもしれないifの存在として、役に立たない者を意味する「丸太ん棒」からとった名前だと思うんだよなぁ。

堀越先生は日本人でここは日本なのに韓国人のせいで名前変更って悲しい。 韓国では丸太って調べたら人体実験出てくるって知るかよここ日本。日本人からしたら丸太はただの木。しかも丸太は役に立たない者って意味あるから丸太とデクは無個性だからそういう繋がりがあるかもって考えてすらないだろ、、

個人的には上記の意見に賛成で、無個性で役立たずという意味から木偶の坊の「デク」と名付けられた主人公。

同じく無個性であるドクターは関連付けられて同じ意味である丸太ん棒の「丸太」と命名されたと思います。

まとめ

今回は、ヒロアカの「志賀丸太」について共有させて頂きました。

名前の由来の真実は分かりませんが、確実に隠された意図は無く、様々な要因が重なっての炎上だと思います。

しかし、世界中から愛される漫画であることを考慮すると、編集の方などの配慮や指摘があれば…とも思いました。

ドクターの名前は差し替えになるようですが、これからも多くの人に愛される漫画になることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる