エンタメの話題

【画像】目黒のクレープビュッフェがTwitterで炎上?内容や食べ放題の口コミは?

今回は、『マツコの知らない世界』で紹介されたクレープ屋「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」に関するニュースです。

2020年1月28日放送のTBS系『マツコの知らない世界』で、「クレープ」の特集が放送されました。

紹介してくださったのは、「週8でクレープを食べる」という管理栄養士の辻元未奈美さんになります。

そこで東京の目黒にあるクレープとガレットの食べ放題専門店「La fete de filles (ラフェットドフィーユ)」が取り上げられました。

しかし、放送後に過去のTwitterのやり取りが取り上げられ、炎上する事態となっています。

そこでこの記事では、ラフェットドフィーユの騒動内容について共有させて頂きます。

【マツコの知らない世界】クレープ屋特集

2020年1月28日放送のTBS系『マツコの知らない世界』で、柔らかくてモチモチの極上食感「生地に感動する絶品クレープ」が放送されました。

放送では1000種類のクレープを食べた辻元未奈美さんが、生地に感動する絶品クレープを紹介。

極上食感のクレープやゆっくり座って味わえる「お店クレープ」、知られざる新聖地「東急クレープライン」などマツコさんが知らない「令和クレープ」が数多く披露されました。

その中でも、クレープの新聖地である「東急クレープライン」はTwitterなどでも話題となりました。

「東急クレープライン」とは、その名の通り東急の沿線上にある絶品クレープのお店の総称です。

  • POPHOT (ポポット) [学芸大学]
  • comcrepe(コムクレープ)[自由が丘]
  • La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ) [都立大学]
  • クレープアリサ [祐天寺]
  • クレープリーチロル[祖師ケ谷大蔵駅]

放送では以上の5店舗が紹介されました。

【クレープ食べ放題】ラフェットドフィーユ

今回話題となっているのは、目黒区の都立大学駅にある「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」になります。

日本初のクレープ&ガレット食べ放題専門店として、都立大学駅から徒歩7分という立地にオープンしました。

食べ放題は3時間制で、料金設定は女性が3,500円で男性が4,000円となっています。

「La fete de filles」では、注文してから1つずつ仕上げるクレープとガレットが30種類も用意されています。

クレープは7種のチョコを使用した濃厚な「ドゥーブルショコラ」、いちごをぜいたくに使った「シャン ド フレーズ」、マスカルポーネとブランデーを使用したティラミス風の「フロマージュドルチェ」などの全17種類

ガレットはハムや卵とチーズの王道ガレット「コンプレット」、生ハムメロンの「ジャンボンクリュ」、ハーブチキンとレモンの「シトロン ド プレ」などの全13種類

さらにクレープとガレット以外にも、独自のスパイスで旨味を強調した熟成カレーやスープ、見た目も華やかな4種のグラスサラダのビュッフェも付いています。

飲み物に関してはオリジナルブレンドティーやカフェメニューが飲み放題で、オリジナルブレンドティー40種のほか、コーヒー・マキアートなど20種、ソフトドリンク10種の計70種類が用意されています。

【Twitter】リプライやキャンセル料で炎上?

内装やメニュー内容が素晴らしい「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」ですが、Twitterではトレンド1位になるほど物議を醸しています。

その内容が、ある一般ユーザーのツイートに対してのリプライ(返信)になります。

以下、Twitterの引用になります。

目黒にあるクレープ食べ放題の画像が不味そうだとツイートしたら、怒られてしまいました。ごめんなさい。

この怖いクレープ屋さんは鬼滅の刃のプレートやステキなクレープ作ってます!

キャンセルすると9万円(税別)掛かるみたいなんで気をつけてください!

炎上中のクレープ屋さん、口コミでは良い評判ばかりで逆に怪しいけど写真は凄く美味しそう…

でも、店主の人柄をツイート(文面上)で見てたら怖いわ。

煙草臭する方は消臭剤を店外でかける

著察権ガン無視で商売にアニメ等のアートを描く

キャンセル料9万請求

食べ放題なのにお腹いっぱいはNG etc..

これらが真実かは分かりませんが、『マツコの知らない世界』放送終了後の2時間程度で4万件以上のツイートがされる事態となりました。

【口コミ】世間の意見や評判

様々なコメントがされている「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」ですが、お店に対してはポジティブな口コミが多くなっています。

学芸大学駅と都立大学駅の間あたりに位置するクレープ・ガレット食べ放題専門店「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」

ヨーロピアン雰囲気漂うこちらのビルの中にあります。

アットホームで、とても居心地がいいです。今は素敵なクリスマスツリーが飾られていました。

まるでヨーロッパのお城にまぬかれたような気分。

シェフは、とても明るくフレンドリーな方。お話して楽しかったです。来店理由をクリスマスの早いお祝いとしてお伝えしていたところ、お店のご厚意でローズ香る素敵なドリンクをいただきました。サプライズありがとうございます。

待っている間は、サラダバーや、濃厚でおいしいシャンパーニュカレー、スープなどを召し上がることが出来ます。

あんなに美味しくて、美しいクレープとガレットは初めて。そして一度にこんなにも頂いたのも初めて(笑)

また来たいと思う素敵なお店でした。素敵な時間をありがとう!

知人に誘われて行ったお店。事前に予約をして来店!

お店に入る前から、ネットで綺麗なクレープを見ていたので期待が高まります。店内は天井が高く上品な雰囲気です。

食べ放題はガレットとクレープの他にドリンクとサイドメニューも食べ放題。サイドメニューはサラダに季節のお惣菜、野菜とチキンのカレーにミネストローネと種類が豊富。ドリンクも紅茶のフレイバーが豊富でこれも女性が喜びそうです!

まずサイドメニューのサラダを頂き、ガレットで軽く食事をしてからクレープを頂きました。ガレット、クレープ、ドリンクはテーブルでオーダーし、時間は3時間制と長い。ゆっくりおしゃべりしながらたっぷりクレープが食べられます。

そして数名で行くとガレットとクレープをシェア出来て、いろんな味が楽しめます。

ここまで食べるともうお腹いっぱい!時間いっぱいクレープを堪能しました。

7月にオープンしたばかりのクレープ食べ放題のお店。

東急東横線 都立大学駅から徒歩7分。

駅から離れてるので知る人ぞ知るカフェと言った立地でした。にもかかわらず7月は予約が取れず、、、やっと今回来ることが出来ました^^

メニューや口コミも確認した上で来店したのですがその期待を遥かに超えるクオリティ。

口コミの評価が良い理由がわかりました。。

メニューは一般的なクレープは無く初めて見るものばかり!私が頼んだオレンジと合鴨のクレープはバルサミコソースがかかっており食材がうまく合っているなと言う印象でした。しかもチョコレートのクレープ生地を使っているとの事。

チョコレート、オレンジ、鴨、バルサミコ…この4つがまさかこんなに美味しい料理になるなんて!

ギャルソンの方も一品一品丁寧に説明をしてくれてまるで高級フレンチを食べにきたかのような印象。

キャンパスをイメージしたと言うトライフルや一輪のバラをイメージしたエピヌローズなど味はもちろんインスタ映えする盛り付けで優雅な時間を過ごせました!

ごちそう様でした!また来ます!

まとめ

今回は、「La fete de filles(ラ フェット ド フィーユ)」について共有させて頂きました。

Twitterの騒動は残念ですが、様々な方のツイートを見ていると、炎上騒動に対して「行ったことあるけどクレープは美味しいんだよなぁ…。」というコメントが多く、お店としては評価が高いのだと思いました。

隠れ家的な立地にも関わらず順調に集客できていたようなので、テレビで特集されたのも頷けます。

騒動が事実なのであればしっかりと反省して、注目されている状況を良い方向に転換できることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です