エンタメの話題

【画像】森田由乃の経歴!ワンオクと撮影や彼氏は東大生?その後は会社就職で愛人パパ活?

今回は、小里泰弘前農水副大臣の愛人として報道された森田由乃さんに関するニュースです。

森田由乃さんは、2017年3月に放送された『さんまの東大方程式』の第3弾に出演し、話題となりました。

その後ファッション雑誌の誌面を飾り、AbemaTVの番組にも出演した経歴を持っています。

また、フジテレビアナウンサーの三田友梨佳さん(ミタパン)に似ている顔立ちでも注目されていました。

そこでこの記事では、森田由乃さんについて共有させて頂きます。

【経歴プロフィール】インスタやTwitterは?

名前:森田由乃(もりたゆの)

年齢:23歳(2019年12月時点)

学歴:上智大学外国語学部フランス語学科卒

経歴:元CanCamの読者モデル,テレビ出演,社会人

twitterアカウント:@yunon0212

instagramアカウント:@yunono22

森田由乃さんは、上智大学外国語学部フランス語学科を卒業。

その上智大学時代に、バラエティ番組『さんまの東大方程式』に出演しました。

2017年3月の大学3年生時に出演しており、そこで読者モデルとして活動していることを明かしています。

この出演が話題となり、2017年10月23日には「CanCam」の読者モデルに加入しています。

2018年2月18日にはAbemaTVの『恋愛学部交流会ラブ キャンパス』に出演。

当時のプロフィールでは、上智大学4年生と紹介されています。

現在は卒業して社会人となっていますが、SNSで写真を投稿し、インフルエンサーとしても活動していました。

しかし2019年12月12日に、TwitterやInstagramなどの全てのSNSを削除しています。

ワンオクロックのタカと写真撮影?

森田由乃さんは、世界的ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルであるtakaさんと写真を撮っています。

こちらの写真は森田さんのTwitterに投稿されましたが、2ショットということもあり、話題となりました。

気になるお二人の関係ですが、簡単にいうと関係者になります。

LIVEレポ海外特派員」というものがあり、5SOSとONEOKROCKの北米ツアー最終日に、セントポールにある会場へ行きライブをレポートするという役割です。

この特派員は、募集から選ばれた1名がレポーターになるそうです。

これに森田さんが選ばれ、takaさんとの2ショットが実現しました。

【さんまの東大方程式】彼氏は東大生?

経歴で記述した通り、森田由乃さんがブレイクするきっかけとなったのが、2017年3月1日に放送された『さんまの東大方程式』になります。

番組内で「東大生と結婚したい!肉食美女とお見合い」というコーナーがあり、肉食美女として出演しました。

森田さんは上智大学3年生で趣味はテニス、彼氏いない歴は1年と紹介されました。

東大生と結婚したい理由は、「頭が良い人が理想で、東大生は絶対に遊び人じゃないから」でした。

さらにスタジオでは、「ピアノを長年習っており育ちも良い」というお嬢様キャラを確立させていました。

そして東大農学部4年生の野口さんにアタックし、無事にカップル成立となりました。

さらに以前Twitterで「彼氏が出来ちゃった、GPA上がっちゃう。」「よくナンパされる」と投稿していたことから、モテモテだったことが予想されます。

現在は社会人で小里大臣と愛人パパ活関係?

森田さんは現在社会人で、会社に就職しているようです。

Twitterでは「広告代理店なのでは?」という意見が多く投稿されていました。

ちなみに森田さんは学生時代、上島珈琲スターバックスでアルバイトをしていたと公表しています。

このように順調に見えた森田さんですが、『週刊新潮』が小里泰弘前農水副大臣の「愛人契約」を報じて一変。

名前:小里泰弘

年齢:61歳(1958年生まれ)

出身地:鹿児島県

家族:既婚者で妻あり

学歴:慶応大学法学部卒

経歴:野村證券を経て政界入り。父親の地盤を継いで自民党公認で鹿児島4区から立候補し、2005年の衆院選に当選。当選5回。

この小里議員と愛人契約を交わした「元上智大学生で雑誌モデル(CanCam)」が、森田さんであるとTwitter上で推測され、話題となっています。

『週刊新潮』記事の要約は以下の通りになります。

●小里泰弘議員と元上智大生が愛人契約

●1回10万円程度の報酬

●多い時は月に3回程度

●2年ほどで元上智大生から別れを切り出す

●関係精算で「手切れ金」300万円を要求

●小里泰弘議員は180万円に値切り支払い

●これに小里泰弘議員が弁護士を立てる

●元上智大生が「週刊新潮」に情報を売る

この「元上智大生」が森田さんと言われている理由は4つあります。

  1. twitterアカウントの写真が週刊新潮掲載のものと同じだった
  2. twitterとInstagramが突然削除
  3. 年齢や学歴、経歴が全て一致
  4. 他に可能性のある人物がいない

以上の理由から、「愛人契約」を週刊新潮に売り込んだのは、森田由乃さんであるとほぼ確定してしまいました。

『週刊新潮』の記事一部抜粋は、こちらになります。

当選5回、鹿児島県選出の小里泰弘議員(61)は、これまで環境副大臣兼内閣府副大臣や農水副大臣等を歴任してきた。父・貞利氏の地盤を継いだ二世議員でもある小里代議士が、会員制ラウンジの上智大生と愛人契約を結んでいた。

「3年ほど前の六本木の会員制ラウンジに勤めていた時に知り合いました。程なく“もっと払うから、外で会いませんか?”とか、そういう感じで誘われて。ホテルで会って封筒に入った10万円くらいを手渡しで貰っていて。多い時は月に3回とか、ありましたね……」

こう証言するのは、小里代議士と愛人契約を結んでいた女性当人(23)だ。上智大学3年生の頃から関係があったという彼女は、著名ファッション誌の読者モデルのような形で誌面を飾ったほか、キー局のバラエティ番組に出演したこともある経歴の持ち主。ミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナを細面にした顔立ちだ。

小里代議士からショートメールで「今日会える?」などと連絡があり、東京・赤坂のエクセルホテル東急で逢瀬を重ねた。出入りは常に別々で、クリスマスや誕生日には「10万、20万前後のバッグとか靴とか」のプレゼントを受け取っていたという。

2年あまり続いた関係に、社会人となった彼女のほうから終わりを切り出した。その際、彼女は、こんなショートメールを小里代議士に送っている。

〈これから転職などを考えておりまして、バタバタ忙しくなってしまう前に、これまでの関係を清算したいと存じます。つきましては300万円をお支払い頂けますでしょうか〉

ゆすりのような形での金銭の要求である。小里代議士はこれを値切り、180万円での手切れを提案、カネは彼女の口座に振り込まれた……。もっとも、小里代議士にはあと2人、偽名を使って援助費用を振り込む20代のお相手がいることがわかっている。

引用|週刊新潮

まとめ

今回は、森田由乃さんについて共有させて頂きました。

「愛人契約」に関しては、本当に森田さんであるとは限りません。

しかし、モデルやバラエティー番組に出演していて知名度もあったのに、TwitterやInstagramを急に削除してしまうのは残念です。

応援していた方は少なからずいたと思うので、いつかSNSを復活させて説明をしてほしいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

こちらの記事も読まれています!

POSTED COMMENT

  1. 名無しさん より:

    あぁ、森田由乃って政治家に股開いて、手切れ金300万ゆすって脅し取った人ね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です