エンタメの話題

【証拠画像】吉本興業「ミキ」が京都市のステマ!報酬200万円のツイートとは?

今回は、吉本興業所属のお笑いコンビ『ミキ』昴生さんと亜生さんの、「京都国際映画祭」のステルスマーケティングに関するニュースです。

2019年10月28日に、京都市出身のお笑いコンビ「ミキ」が昨年10月に行っていたツイートの一部が、ステルスマーケティングまがいだったと報道されました。

ステルスマーケティング(ステマ)とは、宣伝だと明示せずに宣伝行為を行うこと。

依頼主(広告主)は「京都市」で、ミキ側(吉本興業)に1回50万円を支払いツイートをさせており、ネット上で物議を醸しています。

そこでこの記事では、ミキのステマツイートについて共有させて頂きます。

「ミキ」昴生,亜生の経歴プロフィール

ミキは「吉本興業東京本部」所属のお笑い第七世代で、関西を中心に活動していたが2019年4月より東京へ活動拠点を移しています。

兄弟で、コンビ結成は2012年4月になります。

昴生

  • 性別:男性
  • 生年月日:1986年04月13日
  • 身長/体重:165cm /70kg
  • 血液型:O型
  • 出身地:京都府 
  • 趣味:ディズニーリゾート旅行
  • 特技:ディズニー案内
  • 出身/入社/入門:一般 30期扱い

亜生

  • 性別:男性
  • 生年月日:1988年07月22日
  • 身長/体重:173cm /63kg
  • 血液型:A型
  • 出身地:京都府 
  • 趣味:フットサル/釣り
  • 特技:ブラックバスのモノマネと、釣りのキャスティング技術
  • 出身/入社/入門:一般 34期扱い

受賞経歴

  • 2015年 テレビ朝日「M-1グランプリ2015」準々決勝進出
  • 2016年 第1回上方漫才協会大賞 新人賞・トータルコーディネイト賞
  • 2016年 YTV「漫才新人賞選考会」本戦進出 準優勝
  • 2016年 第46回NHK上方漫才コンテスト 優勝
  • 2016年 フジテレビ27時間テレビ・笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI 優勝
  • 2016年  M-1グランプリ2016 準決勝進出
  • 2017年  第2回上方漫才協会大賞 話題賞
  • 2017年  第6回ytv漫才新人賞 準優勝
  • 2017年  M-1グランプリ2017 3位
  • 2018年  M-1グランプリ2018 4位
  • 2019年 第54回上方漫才大賞 新人賞

1回50万円で「京都国際映画祭」のPR契約

今回の騒動は、京都新聞によって詳しく報道されています。

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。

ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。

市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。

契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。

昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。

同志社大の真山達志教授(行政学)は「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」と話す。

市市長公室は「普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ」としている。吉本興業の広報担当者は「(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ」としている。

引用|京都新聞

【証拠】報酬200万円のステマツイート

ステマとされるツイートは、10月28日現在も削除されていません

削除すると契約違反になる可能性があり、残している可能性があります。

ミキ 昴生 兄

ミキ 亜生 弟

「京都市盛り上げ隊」というハッシュタグがついていますが、「京都市盛り上げ隊は、京都市から依頼と報酬を受けて宣伝する」という説明がないので、広義ではステルスマーケティングと言われても仕方がないと思います。

Twitterの反応

この騒動では、様々な反応がTwitterに投稿されています。

外部理事として参加している京都大学からは自由とカネを奪っていてこれですか…

相変わらず吉本興業のコンプライアンスざる過ぎ。 ステルスマーケティングで活動自粛事件が芸能界賑わしたのも過去の話で、相変わらず吉本は銭のためなら何でもありの風潮。 そりゃ所属タレントも脱税するわ

京都市が吉本興業にPRのためのツイート2回で100万払ってたそうで、実際に漫才師ミキがツイートしてたらしい ステルスマーケティング 京都市は適性だと主張してるけど、ちょっと高すぎないかなぁ まぁ、民間企業が依頼元なら問題ないと思うけど、税金から100万だからね

ハッシュタグがあるから自分はギリセーフだと思うけど、京都市がハッシュタグを指定せず、ミキ弟が自主的につけてるなら、京都市はステマ前提で事を進めたことになり問題が大きくなる。

今までステマが法に引っかからないまでも散々問題視されてきたのを知らずにこういうことさせるあたり、京都市と吉本のアレさは批判されるべき。ただ事務所仕事をしていたミキはかわいそうな面もある

まとめ

今回は、ミキのステマ問題について共有させて頂きました。

「地元愛を装ったステマは印象が悪い」という意見も多く見られました。

本当に地元が大好きで、報酬を貰わずに宣伝などを行なっている方はたくさんいます。

ファンからは、「お金を貰わずに、本当に良いと思って宣伝してくれてたらカッコ良かった」という趣旨のコメントがされていました。

しかしこれは吉本興業が仕事として請け負った可能性が高いので、ミキの行動はなんとも言えませんが、#PRくらいは自衛と業界保全も含めて付けて欲しかったと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です