エンタメの話題

加藤綾子がベンジャーだった記事が面白い!要約内容と過去のギャル画像とは?

今回はEXILEのNAOTOさんと交際を発表した、カトパンこと加藤綾子さんに関するニュースです。

2019年9月24日にEXILEのメンバーで「三代目J SOUL BROTHERS」のリーダーをつとめるNAOTOさんと、フリーアナウンサーとして活躍するカトパンこと加藤綾子さんが交際中であることを『週刊文春』が報じました。

双方の事務所も「プライベートは本人に任せております。いいお付き合いをさせていただいていると聞いております」と認めているそうです。

そんな加藤さんですが、「週刊朝日」で過去にベンジャーだったと報道され、話題となっています。

そこでこの記事では、加藤綾子さんの記事や過去について共有させて頂きます。

加藤綾子(カトパン)のベンジャーとは何?

要約内容

今回記事になった内容としては、加藤さんが中学生の時の話になります。

その時の後輩が「怖かった」と怯えていたエピソードが書かれています。

また同年の『週刊朝日』(10月31日号)がカトパンの経歴について扱った記事のなかで、同じ埼玉県内の公立中学に通った後輩が衝撃のコメントを寄せている。

《加藤さんは、『ベンジャー』と呼ばれる10人ほどの女子不良グループの一員だったんです。ベンジャーとは『便所に集まってだべってる者』の意で、『不良で美人』でなければ与えられない称号でした。加藤さんはその中でも目立っていて憧れの的だった》

さらに続けて後輩が、当時の様子やスクールカーストについて語っています。

しかも当時、同校はすごく荒れていて、窓ガラスが何者かに50枚近く割られる事件が起こったり、ケンカ・喫煙も当たり前だったとか。

 続けてその後輩は《そんな中でもベンジャーはトップクラスの不良グループ。ベンジャーのいるトイレは怖くて使えなかった》とも回想している。

さらに記事の最後で、茶化すような表現でまとめられています。

元トップクラスの不良なら『メンバーとスタッフで集まり、一晩でレモンサワーを2500杯飲んだ』というEXILEの伝説的エピソードにも男気を感じるのかも……。

 カトパンをアナウンサーではなく、元ベンジャーのメンバー・AYAKOと置き換えてみると、非常に納得のいくカップルにみえてきてならない。

過去のガングロ金髪コギャル時代とは?

週刊朝日の記事

さらに記事ではベンジャーの話だけでなく、加藤さんがギャルだった時代の話も語られています。

今の風貌からはまったく想像ができないが、彼女は’08年のフジテレビ入社1年目に『週刊現代』(10月18日号)に“ガングロコギャル時代”のプリクラを掲載されている。そのタイトルがなかなかイカつい。

《スーパー綾子 ガングロ金髪でホストとツーショット》

 さらっと学生時代にホストと付き合っていた過去まで明かされているじゃないか。プリクラ画像のキャプションにはご丁寧に、《モノクロではわかりづらいが、現物をみるとかなりのガングロだ》の注意書きも。しかしながら、それはまぎれもなく今のビジュアルとは180度方向性の異なる“コゲパン”時代があったことの証明だ。

ギャル時代の画像

その当時掲載されていた画像は以下の通りです。

まとめ

今回は、加藤綾子さんについて共有させて頂きました。

「ヤンキーグループのベンジャー所属」という見出し的に、過去の不祥事が明るみに出たのかと思いましたが、真実か分からない後輩の話でした。

EXILEという雰囲気を狙っての記事なのでしょうか…。

どちらにせよ「面白い記事」と話題になっていたので、本人も全く気にしない出来事だと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です