エンタメの話題

新川優愛の結婚相手はロケバス運転手!会社の種類と過酷な仕事内容とは?

今回は、結婚を発表した女優の新川優愛さんについての内容です。

女優やモデルとして活躍する新川優愛さんが、2019年8月9日に結婚を発表しました

新川さんは結婚発表時25歳で、10年以上前からドラマに出演。

雑誌「セブンティーン」「non−no」の専属モデルとしても活躍されていました。

所属事務所によると、お相手は一般の男性

現在、妊娠はしておらず、挙式や披露宴は未定としています。

新川さんのコメントは以下の通りです。

お仕事関係者の皆様、そして、いつも応援して下さっているファンの皆様。私事で恐縮ではございますが、ご報告させて頂きます。私、新川優愛はこの度、一般の方と結婚することとなりました。お付き合いをしていくなかで彼の人柄にひかれ、今後の人生をともにしたいと思い、このような運びとなりました。まだまだ未熟な私ですが、これからも頂いたお仕事を一生懸命努めて参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

この記事では、お相手の職業とその仕事内容について共有させて頂きます。

結婚相手はロケバスの運転手

新川優愛さんは以前に、彼氏ができないことを公の場で告白していました。

その理由は、女優の筧美和子さんが原因だと語っています。

大親友で有名な2人ですが、お互い空きの時間が2時間ほどあれば会いに行き、休みが合えば必ずと言っていいほど遊びに行くそうです。

休みが合わず会えないと「限界」と連絡を取り合う仲だったので、彼氏ができないとマスコミの間でも噂になっていたようです。

相手の方は誰なのかについてですが、過去の新川さんのコメントから考察できます。

  • 素朴でインドアのタイプ
  • 顔と性格で決まった好みはない
  • 自分の仕事に対して一直線で真面目な人

過去芸能人と結婚している一般人は、テレビ局の社員ヘアメイクアーティスト実業家などが挙げられます。

やはり仕事上芸能人に近い方か、社会的地位と資金力がある方に限定されると思います。

今回の新川さんのお相手も、ロケバスの運転手ということで芸能人に近い方でした。

本人も公表していましたが、それよりも前に2019年8月9日のテレビ番組『おはよう朝日です』で芸能レポーターの井上公造さんが、「新川優愛の結婚相手はロケバスの運転手」というカミングアウトをしていました。

ロケバスの運転手が新川さんのかなりタイプで、新川優愛さんから猛アタック

どうしてもその男性と話がしたくて、一度他のモデルたちと車を降りて、忘れ物をしたという理由でロケバスに戻り声をかけたとのことです。

流石に一般の方なので、今後どうやっても情報は出てこないと思いますが、ある程度の人物像は絞れましたね。

会社の種類と過酷な仕事内容

今回の結婚を受けて、「夫はどこのロケバス会社に就職しているのか」が気になります。

公開されることは無いと思いますので、様々なロケバス会社を調べてきました。

ロケバスとは

まずロケバスとは、映画やテレビ撮影などでスタッフの移動や機材などを運ぶ場合に使う車両のことです。

撮影中であるタレントのヘアメイクや着替え待機場所として使われることもあります。

旦那さんとの馴れ初めでは、新川さんも直接乗車して移動していたのでしょう。

車種としてはマイクロバスミニバス(コミューター)がベース。

後部座席を折りたためるタイプを選択し、収納力をアップしていたり、ルーフキャリアーを付けたりするそうです。

TV番組や映画、CM制作などのロケサポートに長けたスタッフが乗車する為、スムーズな進行ができるというのがポイントになります。

新川さんのようにタレントが一緒に乗車して移動する場合は、サロンバスが好まれるようです。

TVのバラエティなどで見かける、後部座席がコの字型になってテーブルを囲むような形のバスです。

会社の種類

日本には、「一般社団法人ロケバス協会」という協会が存在します。

そこには45社が加盟していて、依頼があればロケバスを配送しています。

加盟会社は、以下の通りです。

さらに協会には加盟していませんが、「ロケバスのグルーヴ」「株式会社オン・ロケーション」などの有名なロケバスレンタル会社もあります。

過酷な仕事内容

ロケーションというのは長時間で大変なイメージがありますが、それに同行するロケバスの運転手さんも大変なことは容易に想像できます。

現在は働き方改革が推奨されていますので、改正されていると思いますが、過去のロケバス運転手は一日に何件もロケをこなしていたようです。

2014年には、違法運転の横行運転手の訴訟が起きていました。

フジテレビのバラエティ番組専門ロケバス運転手で、「笑っていいとも!」「ヘキサゴン」「日本人テスト」などを担当していた東名運輸の内村小次郎氏(現40代前半、仮名)は、早朝から深夜まで仕事漬けで、週に一回しか家に帰れない日々だった。法律上、ロケバス運転手は、点呼をとりアルコールチェックを受けた上で運転しなければならないが、全くしていなかった。さらに、撮影中の待機時間が労働時間とみなされていないことにも疑問を持った内村氏は、11年2月に会社を辞めた翌月、未払い賃金と附加金3,141万円を求め提訴。13年10月の一審判決では、会社に対し983万円の支払いを命じる判決が下った(控訴審が進行中)

引用|http://www.mynewsjapan.com/reports/2017

おそらく新川さんの旦那さんも、肉体的に大変な労働環境だと思います。

自分の体を労わりながら、末長く幸せに暮らして欲しいです。

まとめ

今回は、新川優愛さんについて共有させて頂きました。

新川さんの結婚報道は、一般男性にとっては夢のある内容でした。

お相手の男性もとても素晴らしい方なのでしょう。

お二人の将来が幸せになることを願っています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

下にスクロールで人気記事もご覧になれます。

関連する記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です